☆☆☆ Camp Minstry Network News Letter 2003/01/01号 ☆☆☆
        キャンプ宣教研究所   篠田真宏(マサ)
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
今回の内容は     1)ご挨拶
                           2)体験学習を教会で
           3)アドベンチャー教育その3
           4)キャンプ宣教学校
                           5)編集後記 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
1) 主暦2003年を迎え、主の御名を賛美し、天の父なる神様の祝福を
  お祈り申し上げます。昨年も皆様のお祈りと励まし、尊い献金によりま
  して、CMNの働きをさせて頂き感謝申し上げます。
   今年は横浜を中心に体験学習を用いた、チャーチスクールのような
  働きを行なう準備を中心に活動してまいります。体験学習を教会で
  適用できるように取り組んでいく予定です。具体的になりましたらお知ら
  せいたしますが、ぜひ覚えてお祈りくだされば幸いです。
   皆様の上に天の父なる神様の祝福が豊かにありますようにお祈り
  しています。              キャンプ宣教研究所 篠田真宏(マサ)

 2)体験学習を教会で
   体験学習を教会で取り入れるは簡単です。そして最も「効果」があります。
   きっと、今まで口をすっぱくして教えていたことが、いらなくなるでしょう!
   説教から「聖書を読みましょう」なんていわなくなるのではないかとワクワク
   しています。
   先日、体験学習を実践している大学のことを聞きました。医学部での体験
   学習だそうです。医学部で知識を直接教えていないそうです。医学という知
   識を覚えなければならないところで、知識を直接教えていないのです。
   教師の役割はその人たちがいかに興味を持ち、自分で調べるかを導くという
   ファシリテーターとしての役割を果たしているとのことです。
   自分で調べたことは覚えます。忘れたとしても何かのきっかけで思い出すの
   です。聖書の知識を一生懸命教えることから、いかにしてその人が聖書を
   楽しく、自分の糧として読めるかを導くかです。例えば、イエス様に会いに
   行った三人の博士たちの名前を調べるなんてところから始めるのも面白い
   かも知れませんね !?
   体験学習はディボーションから始まるのです。今年トライしてみませんか?
     
  3)アドベンチャー教育 - その3 -
   私たちの日常生活にはアドベンチャーが隠されています。そのように気づいて
   いないだけです。例えば、身近な人でも挨拶はしても、その人のことを知らない
   のです。話したことのない人が多いのです。エレベーターの中の沈黙はどうで
   しょうか?満員電車の中で肌と肌を合わせているのに、心は遠いところにあり
   ます。心に「壁」があるのです。その壁が自分を守っていることも確かです。
   しかし、それが人間関係を難しくしていることも事実です。
   この壁が高いと自己中心的で、自分のことばかりしか考えません。下げること
   によって、他の人との協力、意見を聞くことが出来るのです。
   そこで、アドベンチャー教育により、この心の壁を下げていくことにより現実の自分
   と向き合い、新しい自分に挑戦していくのです。集団の中で特にリスクをともなった
   活動は、連帯感、協力、信頼を短い時間でつくっていくのです。
   昨年はプロジェクトアドベンチャー(以下PA)のファシリテーターとして、北は宮城
   から西は広島まで学校の先生を中心に体験学習をしてきました。その中でも、
   このアドベンチャーがあるとないとは結果が違ってくるのです。
   今までの教会活動で一致しにくかった点はありますか?アドベンチャー教育で
   教会の一致、協力、信頼を今年築いて(気づいて)みたらどうでしょうか?
   ちょっとしたことで、教会の雰囲気が変わります。子供たちの変化をみることが
   できるでしょう。本格的なアウトドアスクールのNOA (http://www.north-star.jp)、 
   キャンプ宣教学校にぜひご参加ください。また、CMNでは謝礼なしで奉仕を受け
   ていますのでご相談ください。

 4)今年の「キャンプ宣教学校」は5月29日(木)〜6月1日(日)に行なわれます。
   場所は福島県小野川湖、土曜日まででもOKです。キャンプを行なう際、
   必要な安全について学びながらキャンプを楽しみます。
   ぜひ、ご参加ください。費用は土曜日までで2万5千円、日曜日までで3万円
   を目指しています。プログラムなどが確定しましたら費用もお知らせします。

 5)編集後記
   クリスマス後、長男と背比べをしたら抜かされていた。妻も次男と同じ背に
   なっていた。成長を待ち望むことは楽しいことです。皆さんも普段の生活から
   ちょっと一歩出てアドベンチャーを楽しみませんか?きっと自分の現実を知り、
   新しい自分に出会えることでしょう。
   フリーメールでの第1号のニュースレターでした。管理は楽になりました。
   皆様のご協力を感謝いたします。今年もよろしくお願いします。
   
  ★皆様の上に天の父なる神様の祝福をイエス様の御名でお祈りしています。
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
  日本同盟基督教団 キャンプ宣教研究所 篠田真宏(マサ)
  mailto: cmn@campministry.net
  http://campministry.net/cmn/
                                       BACK
キャンプ宣教研究所のご案内&masaのプロフィールへ
Copryright(C)2002  Camp Ministry Network All rights reserved