アドベンチャー リ・クリエイション(AR)体験談

                                           2000年までに行なわれた活動から

<キャンプ宣教学校からの感想>
Yさん(大学生・女性)
 今回のキャンプの野外活動は、ほとんど雨の中で行われたので、普段味わえない自然の一面を体験することができました。特に沢登りでは雨で神様の造られた自然の脅威を実感し、あらためて人間の小ささ、神様に頼らなくては何もできないことを覚えさせられました。しかし、私たち信仰を持った者同士が集まり、互いに支え、助け合い、一つになって祈る時、その恐怖すら感じる自然のただ中にあっても、平安が与えれ目的を達成することができるのだと思いました。神様の御手のわざである自然の前で、自分の無力さはもちろん感じましたが、それ以上に、祈りによって私は支えられているのだということが、今回強く心に残ったことです。 
                                                                     
Mさん(社会人・女性)
 キャンプは大好き!それは自然の中での生活と体験を通して子どもたちが心と体で神様を感じ、神様につながるためのかけがいのない時だからとずっと思っていました。
でも、今回、初めてのアウトキャンプを体験し、驚きと感動の時間を過ごし、これがキャンプなんだと実感しました。今までやってきたものがキャンプでないということではないのですが、プログラミングにしても生活面にしても何か、とても小さなところで範囲を決め、頭で考えるだけで体験してもみないで、これはこうときめつけていた部分も多かったように思います。今度のキャンプ、どうしようとすごくワクワクしています。自分自身がワクワクしてつくりあげ、子どもたちがチャレンジして驚きと感動、そして神様を感じつながることのできるキャンプをしていきたいです。   

Jさん(牧師・男性)
・・・今回は神様が自分のことを配慮して下さったのではないかと思った。降り続いた雨、でも雨が降っても関係ないことを学んだ。今まで雨が降ったらダメだと思っていたから。・・・共にいる人たちと交わりが持てた。それはとても大切なことだとおもう。・・・そしてキャンパーにとって、それが大切だということが(キャンプそのものがその人の居場所となることが)教えられた。  

Hさん(牧師・男性)
・・・詩篇19篇を、朝、湖の岸辺で開いた。あたまではわかっていたつもりのみ言葉が心でわかった。6節と7節の間にギャップを感じていたが、自然の中に身を置いてみると、何のギャップもしない、つながりに気づく。驚きだ。聖書のみ言葉を読むにしても、どこかで、説教の題材を探している。本を読んでも、ニュースをみても・・・。語るものを探しているのがスッ〜とわかった。そんな自分に「探すな。私が語るものを語れ」との主のことばが聞こえたような気がした。これも驚きだ。

Tさん(社会人・男性)
・・・沢登りやハイキングで感じたこと。困難を前にして進もうとするとき、また迷った時に必要なのは、進もうとする意志であり、そして決断であるということ。そして大事なのは、意志表示や決断をするのは自分であっても、それを神様に一度ゆだねるということ
(ひょっとして自分の思い通りにはならないかもしれない)そして、その結果をも含めて、神様に感謝するということが大事だと思った。

<中高生キャンプにての体験談>
MSさん(高校・女性)
 今回のキャンプのメッセージは、ゲームを通して身近なところからわかりやすくお話しして下さって、体で感じながら聞くことは本当に心に残りました。・・・集会?では支えてくれる神様がいてこそ私の信仰なんだな、と気づかされました。確実な安心感や信頼があると、本当の意味で委ねることにつながるのだということも教えられました。  

RMさん(大学・男性)
・・さて、キャンプの中心ともいえる集会がやってきた。篠田先生(まささん)が講師だった。僕は最初まささんがどのような方法で集会をやるかを知らなくて、ゲームはちょっとしたおまけかと思っていた。初めの10分ぐらいかと思っていたらそのまま最後までいったので驚いた。しかし実はこの数々のゲームは只者ではなかった。1つのゲームが終わるたびに聖書のみ言葉が入る、そしてその調子でやっていくうちにゲームとみ言葉がリンクして頭に入っていくのだった!み言葉を頭だけでなく体全体で感じる。それはものすごい効果だった。・・・・メアリーとナンシーゲームでは、みんなで2人を無事イエス様の十字架のもとに届けることができた時、大きな喜びを味わうことができた。一人ではできないと思われることも皆で力と心をあわせていけばやれるんだと思った。・・・
         
HYさん(中学・女性)
・・・バイブルキャンプで一番楽しかったことは、いろいろなゲームです。それはゲームをやっていくうちに友だちが増えたり、このゲームも神様からいただいたものなんだなぁと思ったからです。・・・ 

(中学・男性)
・・ゲームの中に神様が隠れていた!・・
              
(スタッフ・女性)
・・ゲームを通して、信仰のあり方について考えることができた。   

    (2000年6月 篠田夫妻を支える会で掲載されたものです。)
Copryright(C)2002  Camp Ministry Network All rights reserved
                                                              戻る